忍者ブログ

ネット怖い。でも自己主張したい・・・。そんなブログです

良いものは遺そう

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




「先生、婚活に役立つドラクエの呪文を教えてください」

婚活に勤しむトモコさんは近所の賢者から男を落とす方法を学ぶことで女子力UPを目指すよくあるショートコメディ。


世界観:ドラクエ

登場人物

なまえ:先生
職業:賢者
LV:99
年齢:70歳未婚童貞

先生はこんなキャラです。

「ラリホーマでJK眠らせてエロい事しようと思ったけどよく考えたら屋外で眠らしたら寝室まで運ぶのめんどいし、普通に犯罪で逮捕され2ちゃんに晒されて人生積むじゃん。そもそもワシにはJKの友達はおらず、知らない人に近づく勇気はなかった」


なまえ:トモコさん
職業:家事手伝い(自称プロダンサー)
年齢:37歳
婚活している女。腹黒。座右の銘は「人生ってちょろい」

トモコさんはこんなキャラです。

「今までたぁくぅさぁんぁそんだぁぁしぃ☆~(ゝ。∂)そぉろそぉろはたらぁくのぁきたから婚活するぉ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆ (とはいえ面倒なのはイヤ。さっさと凡人にはできない自分らしいステキなやり方で生きたATMゲットしよっと)」

※作中のトモコさんは先生を男と見なしていない為、普通の口調で話します。





そんな感じでスタートォッ!!




★その1★


「先生、婚活に役立つ呪文を教えてください」

「うむ教えてしんぜよう。それはニフラムじゃな。年収低いのが消えてなくなるぞ!」

「バァカじゃねーの!?今の時代そんなの唱えたら、大抵の男は消えてなくなって、高年収の競争率あがるだろうが!!」

「(え、なにこの人急に態度が変わった!?)」


★その2★


「先生、婚活に役立つドラクエの呪文を教えてください」

「うむ教えてしんぜよう。それはギガデェインじゃな。目の前で稲妻を落とし『私と結婚すると電気代は一生心配ない!』.これで相手のハートはびりびりにシビれるぞ!」

「バァカじゃねーの!?おっさん、うる星やつらの見過ぎだろ。そもそも電気代ケチるようなクズと結婚するなんて・・・ゾッとする・・・。」

「(おまえの方がよっぽどゾッとするわ)」


★その3★



「先生、婚活に役立つ呪文を教えてください」

「うむ教えてしんぜよう。それはベホマ。目の前で怪我を治し『私と結婚すると医療費は一生心配無い!』。これで相手の心臓をがっちりキャッチじゃ!」

「バカじゃねーの!?ベホマじゃ代謝が活発化してガンはむしろ悪化するわ。大体今の時代は個室でゴージャスに入院する事はスティタスなんだよ!!貧乏人と同室なんて・・・ゾッとします・・・」

「確かにこんなのと同室なんて心底同情するな。」

「声に出てるぞ」


★その4★


「先生、婚活に役立つ呪文を教えてください」

「うむ教えてしんぜよう。それはモシャスじゃ。栗山千秋に化けて『一生付いてきます!』で相手の性欲をがっちりキャッチじゃ!」

「バァカじゃねーの!?そうやって見かけばかり重視する心の教育の欠乏から離婚率が上昇しているんだよ。このふにゃちん野郎」

「ブーブー文句垂れているが、要は自分の顔がけなされているとわかったんだろ?」

「うっ」

「謙虚になれよ、な?」

「マホトーン」

「なっ!?」

「魔法が使えなくなった老いぼれ賢者に質問です。ここに錆びた鋏と釘と糸があります。これから私は何をするでしょう?」



★その5★


「先生、おかげさまで東大卒の国家公務員(26)と結婚しました!」

「ええっ!?どうやって?」

「二フラムで雑魚の恋敵を静かに消し去り、不慮の事故とみせかけギガディンでカレを黒こげ寸前の虫の息にして、ベホマをチラつかせながら、栗山千秋の笑顔で『marry or die ?』でイチコロでした。」

「・・・おぬし今まで散々ワシの事バカ呼ばわりしておっただけのことはあるが、そこまで頭が良すぎるのもどうかと思うぞ・・・」





最終回:30年後


「先生、老後の夫婦生活に役立つ呪文を教えてください。」

「うむ教えてしんぜよう。それはザキじゃ。寝たきりになる前に・・」

「私を何だと思って? 主人の為にザオリクを教えてください」

「おお!おまえを誤解してたよ。流石に最後は綺麗に終わるか」

「いえ、A社の生命保険加入後にサクッっと殺して生き返らせて、次にB社に加入して・・・」

「おいやめろ」



おしまい










おまけ(ボツネタ)

ボツ1

「先生、老後の夫婦生活に役立つドラクエの呪文を教えてください。」

「うむ教えてしんぜよう。それはザキじゃ。殺して、保険金もらって、ザオリクで生き返ら・・・」

「バカじゃねーの!?検視したら殺人ってモロバレだろ。そもそも長年連れ添った主人を殺人なんて、淑女として、いえそれ以前に人としてありえませんわ」

「・・・おお、なんと真っ当な意見。結局腹黒女も最後は夫を愛したわけじゃな。」

「だから、(不慮の事故と見せかけ)モンスターに生きたまま喰わせてから生き返らすの。」




ボツ2


「先生、婚活に使うんでニフラム教えてください」

「なんで?おまえレベル99の精力甚大なのが好きなの?」

「バカじゃねーの!?今の時代年収が力(レベル)であり全てなんだよ。」

「何だとこのやろう?ワシの年収は53万じゃぞ!!もうやだ死ぬメガンテ」

「きゃー」




拍手[0回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
鳩山 ムネヲ
性別:
男性
職業:
青ニート
自己紹介:
リア充以前に真人間になりたい

ブログ内検索

バーコード

カウンター

P R

Copyright ©  -- 良いものは遺そう --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]