忍者ブログ

ネット怖い。でも自己主張したい・・・。そんなブログです

良いものは遺そう

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。




テレビの国のアリス



テレビの国のアリスと聞いてピント来る方は結構なお年かと思います(笑)。
昔、と言いますか30年近く前にNHKにて放送されたドラマですが、当時としては珍しいCG技術と特撮技術を融合させた映像が話題になりました。

原作になぞらえ巨大化して街を歩き、逆に親指トムみたいに小さくなり空き缶の中に入れられて蹴飛ばされたり、ドット絵の車に乗り兎を追いかけ、wizのような迷路を探検し、ハートを主食する謎のカメラマンに追いかけられたりと短い時間ながらも盛りだくさんの内容でした。

当時の私は現実と空想の世界の区別といいますか、セル画とタンパク質の区別さえつかない子供でした。
その技術の凄さに感動するというよりも、目の前の不思議な世界をあるがままに受け入れていたように思えます。





大貫妙子さんの優しい声で「誰も知らない~」から始まる歌は今もなお心に響いております。
当時はDVDはもちろんVHSもそれほど普及してはおらず、何回か行われた再放送を見て蓄積された記憶だけが頼りでしたが、ふと思い立って調べてみました。



流石はインターネット様です。苦も無く見つけられました。
当時はあるがままに受け入れていた世界も、今見ると剥がれたメッキのように思えますが、それでもなお、良いモノを作ろうという製作者たちのこだわりを感じられます。

今の最新のCGってリアルといいますか本物っぽすぎて、逆に「不思議な世界感」が上手く表現できていない事があるような気がします。
二本脚で歩く兎とか超リアルでスタイリッシュなデザインで再現できるけれど、なんだろう、子供が見ても怖がるだけでゆるさがあまり感じられないと言いますか。その辺は難しいですよね。

ともあれ、子供時代のちょっとした冒険心とワクワク感が思い出されたひと時でした。


【参考】テレビの国のアリス 夢と冒険の不思議な旅CGファンタジー
http://www.tvdrama-db.com/drama_info/p/id-22644





拍手[3回]

PR

COMMENT

NAME
TITLE
MAIL(非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS(コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プロフィール

HN:
鳩山 ムネヲ
性別:
男性
職業:
青ニート
自己紹介:
リア充以前に真人間になりたい

ブログ内検索

バーコード

カウンター

P R

Copyright ©  -- 良いものは遺そう --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]